• 葬式に参列するときの注意事項

    一般回送で葬式参加する場合の心構えは主に2つあります。

    1つは葬式が故人を仏弟子として次の世に旅立たせるために戒律を授け、仏弟子たる証明書の血脈を授ける大切な儀式であることを認識して参列することです。儀式が故人の菩提寺の住職や葬儀会社の従業員が仕事として形式的に行っているものではありません。

    真剣な気持ちで参列してください。

    もう1つは葬儀が故人を忍ぶ最後の場になるとことです。参列中に故人との生前の思い出が次々浮かんできますが、それぞれを大切な思い出として受け止めることです。


    葬式に参列する際の服装は親族であれば喪服が適当です。

    葬式関する情報選びにちょうど良い情報をご用意いたしました。

    一般回送であればダーク系のスーツや地域によってはダーク系の私服でも許されるかもしれません。故人を送り・忍ぶ場ですので明るい私服での参列は控えるべきです。
    靴やネクタイも同様です。
    持ち物は焼香の時にお参りする数珠とご香典です。



    ご香典は地域により金額は様々ですが参考までに血縁の濃い親族は1万円以上、一般回送として参列する方はお返しの必要が無い5千円以下の場合が多いです。一緒に参列される方に確認をして同じ金額にすると喪主側もスムーズにお返しができます。


    葬式の参列中は私語を慎みます。


    儀式は受戒から血脈授与・引導・喪主挨拶と進んでいきますが、それぞれの時に不必要な私語が聞こえてくると儀式が台無しになってしまいます。



    葬式を出している喪主の気持ちになって真剣に参列しましょう。
    ご焼香も各宗派ごとに作法が定められていますので、会場にいる僧侶や葬儀会社の従業員に確認されると良いです。