• 多様化する葬儀のスタイル

    最近では葬儀の多くは自宅ではなく、会館で営まれる事が増えています。会館では通夜・葬式の式の進行や食事の対応等、必要な事項をすべて行ってくれる利便性があるからでしょう。


    しかし一般の葬儀費用は明朗化して来たとは言え、まだまだ高額です。
    一方で派手な葬式等で高額の出費をする事は無駄だと言う考えの人も増えています。


    こうした中で、従来の葬儀に比較して費用を安く抑える事が出来る様々な営み方が増え、多様化しています。
    以下でその代表的なスタイルを紹介します。


    最も安く営む方法としては直葬があります。

    これは、焼場で僧侶にお経をあげてもらい、遺族がお別れをするのみのスタイルです。

    葬儀の人気度が上昇しています。

    しかしこれは故人を送るには余りにも寂しい事から、特別なケースを除いてあまり普及しているとは言えません。



    次に安く済むのが、小さな会館で営む事が多い1日葬です。


    これは親族を中心に、通夜は行わず葬式のみを行う方式で、家族葬同様に小規模で参列者が親族中心のケースが多く、しかも通夜が無い事でその分安くできるのです。

    この1日葬では通夜式がないだけでなく、通夜の夜にも親族が泊り込めないケースが多く、その点がやはり寂しく心残りと感じる人も少なくないようです。
    そして最も増えているスタイルが小さな会館で営まれる家族葬と言うスタイルです。


    これは一般のスタイル同様の通夜・葬儀の一連の式次がありますが、参列者が少ない分、式場が狭くて済み、また小さな祭壇でも貧弱に見えない事から格安で営む事が出来るのです。



    この様に最近では葬儀のスタイルは多様化し、遺族の考え方や予算に応じてスタイルを選択できる時代になっているのです。