ファイル共有のしくみとは

バナー

ファイル共有のしくみとは

ビジネスの現場では、個人が作成したドキュメントを、他の人や上司が確認したり、あるいは修正したりすることがあります。

紙に印刷したドキュメントに修正を加えて、それを再び電子ファイルに反映させる、という昔ながらのやり方ももちろんあります。

しかし、確認者が離れた拠点にいる、締め切り時間が迫っており印刷する手間も惜しい、など、場所や時間の制約がある場合もあります。



このような場合には、ファイル共有を行うと便利です。ファイル共有とは、サーバーなどに共有したいドキュメントを配置し、確認してもらい人にそのドキュメントへのアクセス権限を与えるものです。

確認者には読み出し権限のみを与える、上司には読み出しと書き込みの権限を与える、他部署の人にはドキュメント自体を隠して見せないようにする、などきめ細かい設定が可能になっています。


ドキュメントを置いておく場所も、サーバーに限りません。

自分のパソコンのフォルダを区切って、そこにドキュメントを配置し、そのフォルダを外部に公開します。

閲覧できる人によってアクセス制限をかけることにより、同じようなファイル共有が可能になっています。

待望のiemoに関する情報満載です。

これらの機能は、OSがすでに持っている基本機能をつかったものであり、特別なプログラムの追加などは必要としません。



少し前までのOSでは、このようにファイルを共有する機能はおろか、ネットワークに接続することすらもままならなかったことを考えると、技術の進歩にはすさまじいものを感じます。