• スムーズに葬儀を行うためのポイントを知っておこう

    親などの身内が亡くなった場合は、葬儀の手配を行う必要があります。しかし、亡くなってもすぐに手配して良いわけではありません。

    その前に必要な作業や手続きがあるので、遺族と協力して進めていくことが大切です。

    いざ亡くなってから作業や手続きを調べていると、非常に慌ただしくなるので事前に把握しておきましょう。

    まず最初に行うのは、医師に死亡診断書を作成してもらうことです。
    かかりつけの病院に連絡するのが一般的ですが、場合によっては他の施設に依頼することもあります。
    たとえば、旅行中に急死した場合などは119番に連絡することになります。事件に巻き込まれた場合は警察を呼んで検死をしてもらうことも必要です。

    葬儀を利用してみる価値はありますよ。

    老人ホームなどの介護施設で亡くなった場合は、職員が病院に連絡してくれるケースも見受けられます。
    死亡診断書を発行してもらったら、葬儀の準備に取り掛かりましょう。
    遺体を病院で預かってもらえる期間は限られているので、ゆっくりしている暇はありません。



    葬儀の業者に心当たりがあるなら急いで依頼をします。

    心当たりがない場合は、病院に尋ねてみるのも一つの手です。


    馴染みの業者があると紹介してもらえるので、スムーズに準備に取りかかれます。
    葬儀の依頼が済めば、基本的には業者の指示に従って作業を進めていきます。



    葬儀の方針や時間などを相談して決めたら、関係者にすぐに連絡をしてください。

    特に遠方から参列してもらう人には早めに知らせなければなりません。

    参列者に渡す品の準備も忘れないようにしましょう。