働きながら通える大阪の通信制美容専門学校の特徴

エステティシャンやメイクアップアーティストという職業に就くためには、高校卒業後に美容専門学校に通う必要があります。

2年間在籍をしてメイク技術やエステ施術・基礎医学等を学んだのち、専門資格を取得してから各現場へと歩み出せます。1990年代までは全国で約240校ほどしかなかった美容専門学校ですが、2000年以降は男性・女性の間で美容意識が高まったことを受けて都心部だけでなく地方でも多くの学校が誕生しました。2020年4月現在全国に計1、600校の美容専門学校があり、西日本を代表する大阪には計320校もの学校がある国内屈指の美容先進都市といえます。従来までの専門学校のほかに高校資格も取得できる高等専門学校と、レポートの提出と週1・2回程度の通学のみで卒業できる通信制美容専門学校というのもあるのが大阪の特徴です。

通信制の場合は自宅での学習がメインとなるので、平日に仕事をなさっている方であっても通うことが可能です。通学は夜間か土日のみであり、6時間の講義でメイク技術等の実技を学べるので働きながらであっても何ら差し支えることはないでしょう。通信制の場合は合宿や文化祭・体育祭といったレクリエーションが省かれるうえに、講義時間も少ないので全日制よりも大幅に学費が安くなります。通信制の美容専門学校があるのは大阪のみであり、幅広い年代層の生活スタイルに合わせた通いやすい環境を整えている地域といえます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *