レーザー脱毛は光脱毛と違うのか

レーザー脱毛と光脱毛はどちらもその原理は同じようになっています。

その原理について簡単に説明をすると、光は波長や出力、照射時間などのパラメータを調整する事によって人体に光を照射した際に特定の組織にのみ作用するようにする事が可能となっています。そして医療レーザー脱毛や光脱毛の場合はメラニン色素が反応するように調整されていて、光を照射した際に肌には作用させずに体毛のみに作用するようになっているのです。そのために光を照射した際には周囲の肌にも光が当然当たっているのですが、肌には影響が出ずに脱毛する事が可能となっているのです。

ただ、レーザー脱毛と光脱毛は仕組みは同じであるといっても全く同じであるという訳では無く、簡単に述べるとレーザー脱毛の方が光脱毛よりも強力に作用するようになっています。そのために少ない回数でもより高い脱毛効果を得る事が出来ますし、通う回数が少なくて済めば脱毛が完了するまでに必要な時間も短くて済みます。その一方でレーザー脱毛の方が強力であるが故に施術を行った際に痛みが強く出る傾向があります。

痛いのが苦手であるという人には困った話ですが、それについても対処する方法はあります。医療機関であるために麻酔を行う事も可能となっていて、痛いのが不安であれば麻酔をする事で痛みを軽減する事が出来ます。その他には光脱毛の方が料金は安く済むというメリットがありますので、脱毛するのにあまり予算が無いならば光脱毛の方がコストを抑えられます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *