• 葬儀の流れはどうなっているのか

    • 葬儀に参列したことはあったとしても、自分たちが執り行う側になったときにどのようにすればいいのか、分からずに迷ってしまう事も少なくありません。

      葬儀情報探しに特化した総合サイトです。

      もしもが近づいているときには、一度どのような流れで行うのかを確認しておくと、そのときが来たとしても慌しくすることも減ります。


      一般的な葬儀の流れですが、受付を行い、家族や親戚、参列者が着席したら僧侶が入場されます。始まったら読経なども行われて、焼香をし、僧侶が退場していきますから、弔電や挨拶が行われて、最後のお別れをして出棺します。

      大体の流れを理解しようとしても、やはりいざその時が来たら対応をしていくというのは想像している以上に難しいです。



      自分がこれまで参列してきた葬儀があれば、一度どんな風にしていたのかを思い出してみるのも良いでしょう。お葬式を行うやり方も、昔と違って大々的にやるのではなくて、家族単位で静かにコンパクトに執り行うところも増えつつあります。実際に葬儀をしなくてはいけなくなってきた段階になれば、家族や親族を始めとした周囲の方と相談することも出てきますので、悲しい中ではありますが皆で協力し合って頼りあっていけば滞りなく終えることができます。



      業者も増えていますし、そちらで見積を取ったりしながら細かい部分や分からない事は随時聞いていけば丁寧に教えてくれますから、不安になることはありません。

      最後のお別れを悔いのないようにできるようにしていきましょう。

  • 葬儀の対策方法

  • ためになる葬儀

  • 葬儀の基礎知識・人に言いたい葬儀

    • 多様化する葬儀のスタイル

      最近では葬儀の多くは自宅ではなく、会館で営まれる事が増えています。会館では通夜・葬式の式の進行や食事の対応等、必要な事項をすべて行ってくれる利便性があるからでしょう。...

    • 葬式に参列するときの注意事項

      一般回送で葬式参加する場合の心構えは主に2つあります。1つは葬式が故人を仏弟子として次の世に旅立たせるために戒律を授け、仏弟子たる証明書の血脈を授ける大切な儀式であることを認識して参列することです。...